震災三回忌、円空に学ぶ

円空-今に生きる 愛知県江南市の永正寺で3月11日(月)、12日(火)に東日本津波原発大震災3回忌法要特別企画として、映画『円空-今に生きる-』上映、円空学会理事長の長谷川公茂氏講演会、地蔵寺所蔵・円空仏「韋駄天像」の特別公開を行う。

2011年3月11日、数多くの人が家族を亡くした未曽有の大震災。人は、これから、どう生きていくのか?

今から約380年前、ただ一人の家族である母を洪水で亡くした円空は絶望的な悲しみのなか、僧侶となり、仏像を彫りながら行脚の旅をする。壮絶な人生を歩みな…がらも、様々な人との交流を通して円空はこころ豊かな生涯を送る。

混迷する時代に生きる私たちに安らぎを伝え、凍えた心を温めてくれる「円空仏」。東日本津波原発大震災3回忌を迎えるその日、円空64年の生涯を知ることで、「生きる」意味と価値を考え、今なお深く静かに光を放つメッセージに迫る。

開催場所は同寺本堂。
日程は、変則入替制で定員各50名。入場料800円。収益は「東日本津波原発大震災」被災者支援義援金にあてられる。