働く修行僧が渋谷で声明ライブ

大日寺・声明ライブ 東京都渋谷区・大日寺の僧侶による『〜東日本大震災 第三回忌に因み物故者聖霊に捧げる〜声明演奏会「宇宙の生命への賛歌」』が10日、同区白寿帆ホールで開催される。高野山真言宗の大阿闍梨大栗道榮住職とその弟子18名が出演する。

大日寺は、平日は社会人として勤め、休日は住職を師と仰ぎ、僧侶としての厳しい修行を積むという、働きながらにして本物の密教僧を目指す『密教塾』を主催。今回出演する18名も整形外科医、不動産鑑定士、百貨店販売員など様々な職に就きながら修行している。

声明とは仏をたたえるために、お経やサンスクリット語に一定の音符をつけて唱えることで、真言宗では特に耳から仏の世界を体感、直参させ、また、それを唱えることで自ら仏の世界に入ることを目指す。披露するにあたって、僧侶たちも日頃の成果を発揮する場と張り切っている。